ガラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖とかなり近い性質を持っているオリゴ糖としては、ガラクトオリゴ糖も有名です。
このガラクトオリゴ糖も、オリゴ糖の代表的な種類のひとつと言われています。

基本的には、フラクトオリゴ糖と同じく天然の食材に含まれている成分であり、同時に人工製造も可能のオリゴ糖です。
ガラクトオリゴ糖を含有している主な食品は、「母乳」や「牛乳の初乳」です。
代表的なオリゴ糖の中で唯一のノチラック動物性であるという点が、ガラクトオリゴ糖の最大の特徴といえるでしょう。

ガラクトオリゴ糖を人工的に製造する際には、乳糖が原料となります。
これをフラクトオリゴ糖と同じように、酵素反応を利用して生成する事になります。
その際には「β-ガラクトシダーゼ」が使用されるため、ガラクトオリゴ糖という名称になったと思われます。

最大の特徴である動物性のオリゴ糖という点は、効能にも表れています。
牛乳の有しているタンパク質の消化吸収を補助する効果を持っているため、赤ちゃんが身体を生成する上では非常に役立ちます。
母乳に含まれているのは、そのためなのでしょう。
ガラクトオリゴ糖は、この他ビフィズス菌などの腸内有用菌の活性化や、虫歯の予防などに役立ちます。

甘味はあまりなく、甘味度はフラクトオリゴ糖の半分程度です。
つまり、砂糖の4分の1程度となっています。
尚、牛乳の性質を一部有しているためにタンパク質を抗原としたアレルギーの原因となり、それが下痢を引き起こす事もあるので、その点は注意が必要です。